つみたて投資

【純金積立 実績公開(2022年1月)】メリット・デメリットや始め方をブログで完全解説

純金積立実績公開(2022年1月)

こんにちは、かんすけです。

  • 純金積立をしている方の運用実績を知りたい
  • 純金積立は本当に儲かるのか
  • 純金積立と株式や投資信託のどちらがよいか迷っている

金は実物資産で無価値になりにくく、リスク分散として金を保有することは大切です。

しかし、利息や配当金はなく複利効果はありません。資産を増やすことが目的であれば、株式や投資信託の方が向いています。

かんすけ

金の特徴を知らずに純金積立を始めると「こんなはずじゃなかった」と後悔します。

私は、毎月10,250円(手数料250円含む)を1年7ヵ月つみたて続け、2022年1月時点で評価額は196,919円で運用損益が+2,169円となっています。

そこでこの記事では、2022年1月の純金積立の運用実績とこれまでの推移やメリット/デメリットについてご紹介します。

今回の記事でわかること
  • 2022年1月時点での純金積立の運用実績とこれまでの推移
  • 純金積立のメリット/デメリット
  • 純金積立をすべき人/すべきでない人
  • 純金積立の始め方
  • 田中貴金属工業の純金積立

この記事を読むと、1年7ヵ月間の運用実績の推移やメリット/デメリットが理解でき、自分が純金積立を始めるべきかわかります。

純金積立の運用実績(2022年1月)を公開

純金積立の運用実績(2022年1月)

積立期間、毎月の積立額、2022年1月の実績は以下となります。

開始月2020年7月~
期間1年7ヵ月
積立額10,250円/月
(手数料250円含む)
投資金額評価額運用損益
2021年12月184,500円185,737円+1,237円
2022年1月194,750円196,919円+2,169円

2022年1月は時価評価額は196,919円(前月比:+11,182円)です。また、運用損益も+2,169円(前月比:+932円)と前月を上回っています。

また、私はつみたてNISAを夫婦で毎月66,000円積み立て続けています。

2022年1月の時価評価額は3,226,817円(前月比:-188,024円)で、運用損益は+578,817円(前月比:-254,024円)と共に前月を下回りました。

かんすけ

2022年1月は某感染症の影響等で投資信託は下落しましたが、金は前月を上回っています。

つみたてNISAの運用実績について詳しくしりたい方は「【つみたてNISAの実績公開(2022年1月)】夫婦で毎月6万6千円を積み立てた!(3年5ヵ月目)」をご確認下さい。

純金積立の運用実績の推移(2020年7月~2022年1月)

純金積立の運用実績の推移(2020年7月~2022年1月)

2020年7月から2022年1月までの運用実績の推移をご紹介します。

2022年1月の運用実績と、運用損益が過去最低・過去最高となった月は以下の通りです。

年月投資金額評価額運用損益
2021年10月164,000157,104-6,896円(過去最低)
2021年11月174,250179,696+5,446円(過去最高)
2022年1月194,750196,919+2,169円(最新)

次に純金積立を始めて1年7ヵ月間の推移となります。

年月投資金額評価額運用損益
2020年7月10,250円10,117円-133円
2020年8月20,500円20,285円-215円
2020年9月30,750円30,392円-358円
2020年10月41,000円39,956円-1,044円
2020年11月51,250円47,896円-3,354円
2020年12月61,500円59,549円-1,951円
2021年1月71,750円65,672円-6,078円
2021年2月82,000円77,183円-4,817円
2021年3月92,250円87,245円-5,005円
2021年4月102,500円96,420円-6,080円
2021年5月112,750円108,270円-4,480円
2021年6月123,000円124,874円+1,874円
2021年7月133,250円129,470円-3,780円
2021年8月143,500円139,513円-3,987円
2021年9月153,750円149,967円-3,783円
2021年10月164,000円157,104円-6,896円(過去最低)
2021年11月174,250円179,696円+5,446円(過去最高)
2021年12月184,500円185,737円+1,237円
2022年1月194,750円196,919円+2,169円(最新)

Chart by Visualizer

2022年1月時点で運用損益は+2,169円です。

しかし、2021年10月に運用損益が過去最低の-6,896円となる時期もありました。過去最高は2021年11月の+5,446円で変動幅はそこまで大きくないと感じています。

かんすけ

長期的な視点で積み立てており、一時的な上昇や下落は気にしていません。

純金積立のメリット

純金積立のメリット

純金積立のメリットは以下の通りです。

  • 価格変動の影響を少なくできる
  • 実物資産で無価値となる可能性が低い
  • 金の価値が上がれば利益がでる

価格変動の影響を少なくできる

毎月決まった金額を積み立てれば、金の価格が高い時は少なく、低い時は多く購入することが出来ます。

そのため、金の価格変動の影響を少なるすることができます。

かんすけ

定量で積み立てた場合は、金の価格により毎月の積立額が変動するため、注意が必要です。

実物資産で無価値となる可能性は少ない

株式の場合は企業が倒産すると価値はゼロとなりますが、金は実物資産で価値がゼロになる可能性は低いです。

また、経済が不安定になると金の価格は上昇する傾向があると言われています。

そのため、資産の一部を金として保有しておくことでリスクを減らすことができます。

かんすけ

私は金で儲けるというよりは、リスク分散のために純金積立をしています。

金の価値が上がれば利益がでる

投資信託や株式ほどではありませんが、金の価値が上がれば利益はでます。

かんすけ

私はリスク分散が主な目的のため、利益が出れば運が良かったという考えで純金積立をしています。

純金積立のデメリット

純金積立のデメリット
  • 利息や配当金がなく複利効果がない
  • 手数料や保管コストがかかる
  • 金の価値が下がれば損失がでる

利息や配当金がなく複利効果がない

預貯金であれば利息を受け取ることができます。株式や投資信託であれば配当金を受け取り、再投資することで複利効果があります。

しかし、金は利息や配当金がなく複利効果もありません。

資産を増やすことが目的の場合は、金ではなく株式や投資信託を選ぶ方がよいと考えます。

かんすけ

株式や投資信託はリスクも大きいです。

私のつみたてNISAの2022年1月の時価評価額は3,226,817円で、運用損益は+578,817円となっています。

また、2020年2月に運用損益が過去最低の-194,340となる時期もありました。過去最高は2021年10月の+924,409円となり、時期によって変動幅が大きいです。

つみたてNISAの運用実績について詳しくしりたい方は「【つみたてNISAの実績公開(2022年1月)】夫婦で毎月6万6千円を積み立てた!(3年5ヵ月目)」をご確認下さい。

手数料や保管コストがかかる

純金積立をする会社によって異なりますが、年会費/保管料/積立手数料等の手数料が必要となります。

手数料が高いと運用損益に影響するため注意が必要です。

金の価値が下がれば損失がでる

金の価値が下がると損失がでます。

ただし、私は金の埋蔵量には限りがあり長期的には価格は上がる可能性が高いと考えています。

私が考える純金積立をすべき人/すべきでない人

純金積立をすべき人/すべきでない人

純金積立をすべき人/すべきでない人は以下と考えています。

純金積立をすべき人
リスク分散で資産の一部として金を保有しておきたい人
純金積立をすべきでない人
資産を増やしたい人
かんすけ

私はリスク分散を目的として純金積立しています。資産を増やしたい場合は株式や投資信託の方が向いています。

純金積立の始め方

純金積立の始め方

純金積立は始め方は以下の通りです。

  1. 純金積立をする会社を選ぶ
  2. 純金積立の口座を開設する
  3. 毎月の積立金額を設定する
  4. 毎月自動で積立される
かんすけ

純金積立をする会社によって手数料等が異なるため、自分にあった会社を選ぶことが大切です。

田中貴金属工業で純金積立

田中貴金属工業で純金積立

私は田中貴金属工業で純金積立をしています。

田中貴金属工業の純金積立の特徴は以下となります。(2022年2月9日時点)

積立単位毎月3,000円以上1,000円単位
買付手数料(税込)3,000円~29,000円:2.5%
30,000円~49,000円:2%
50,000円以上:1.5%
売却手数料(税込)0円
年会費(税込)1,100円
※ネットサービス利用で0円
保管料(税込)0円
保管方法特定保管
受取方法現物引出可能
ジュエリーや工芸品等と等価交換も可能
かんすけ

私は保管方法が「特定保管」であること、「現物やジュエリー・工芸品等と等価交換が可能」であることから、田中貴金属工業を選びました。

保管方法には「消費寄託」「特定保管」の2種類があります。

消費寄託
・購入した金の所有権が運営会社に移転される
・手数料が低い傾向がある
運営会社が倒産した場合は金が戻ってこない可能性がある
特定保管
・金の所有権は契約者が保有する
・手数料が高い傾向がある
運営会社が倒産しても金は全て戻ってくる

純金積立会社の選び方について詳しく知りたい方は以下をご確認ください。

まとめ:金の特性を理解してうえで純金積立を始めましょう!

今回は2022年1月の純金積立の運用実績とこれまでの推移をご紹介しました。

2022年1月時点で評価額は196,919円(前月比:+11,182円)です。また、運用損益も+2,169円(前月比:+932円)と前月を上回っています。

投資金額評価額運用損益
2021年12月184,500円185,737円+1,237円
2022年1月194,750円196,919円+2,169円

また、純金積立を始めて1年7ヵ月の間、運用損益の変動幅は-6,896円から+5,446円とそこまで大きくありませんでした。

年月投資金額評価額運用損益
2021年10月164,000157,104-6,896円(過去最低)
2021年11月174,250179,696+5,446円(過去最高)
2022年1月194,750196,919+2,169円(最新)

純金積立のメリットは以下となります。

  • 価格変動の影響を少なくできる
  • 実物資産で無価値となる可能性が低い
  • 金の価値が上がれば利益がでる


一方でデメリットは以下となります。

  • 利息や配当金がなく複利効果がない
  • 手数料や保管コストがかかる
  • 金の価値が下がれば損失がでる

また、純金積立をすべき人/すべきでない人は以下と考えています。

純金積立をすべき人
リスク分散で資産の一部として金を保有しておきたい人
純金積立をすべきでない人
資産を増やしたい人

純金積立は始め方は以下の通りです。

  1. 純金積立をする会社を選ぶ
  2. 純金積立の口座を開設する
  3. 毎月の積立金額を設定する
  4. 毎月自動で積立される
かんすけ

純金積立のメリット/デメリットを理解した上で純金積立を始めましょう。

関連記事

オススメ資産管理アプリ

『私が約2200万円の資産を貯めることや、年間約120万円の節約に貢献した家計簿・資産管理アプリはこちら』
↓↓↓

マネーフォワードME(アイキャッチ)
【マネーフォワードME】メリット・デメリットは?|1年利用した感想を完全レビュー2021年4月時点で利用者が約1200万人で家計簿・資産管理アプリ利用率No1の「マネーフォワードME」。 私が利用して感じたメリットデメリットと完全レビューします。...

純金積立会社7社の比較

『純金積立会社の特徴を知りたい方はこちら』
↓↓↓
「【初心者でもわかる!】純金積立会社7社を徹底比較」

約2200万円の総資産の内訳や推移

『私の約2200万円の総資産内訳や資産管理方法を知りたい方はこちら』
↓↓↓
「【総資産をブログで公開(2022年2月)】約2200万円の資産内訳や資産管理方法を完全解説」

その他資産の運用実績

『私のつみたてNISAの運用実績を知りたい方はこちら』
↓↓↓
「【ブログで実績公開(2022年2月)】つみたてNISAを夫婦で毎月6万6千円!(3年6ヵ月目)」
『私のジュニアNISAの運用実績を知りたい方はこちら』
↓↓↓
「【ジュニアNISA 運用実績(2022年2月)】毎月5万円を3ヵ月積み立てた結果をブログで公開!」
『私のソニー生命変額個人年金保険(世界株式型)の運用実績を知りたい方はこちら』
↓↓↓
「【ブログで実績公開(2022年2月)】ソニー生命 変額個人年金保険を世界株式型で3年6ヵ月運用!」

約120万円の節約方法

『私が実践して年間で約120万円節約した方法はこちら』
↓↓↓
「私が実践して継続出来た節約方法12選【年間で約120万円も節約に!】」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA