資産公開

【総資産をブログで公開(2022年1月)】約2200万円の資産内訳や資産管理方法を完全解説

総資産公開(2022年1月)

こんにちは、かんすけです。

相談者

他の人は貯金以外にどんな資産を持っているのかな。

かんすけ

私の約2,200万円の資産内訳を紹介するね!

  • 他の人は貯金以外にどのような資産を持っているか知りたい
  • 総資産を把握していますか?
  • 資産管理をしていますか?

資産は預貯金以外にも保険/投資信託/年金/ポイント等があります。しかし、全ての資産を把握している方は少ないです。

私は、約3年間全ての資産の管理を毎月続けてきて、2022年1月時点で約2,200万円の資産を貯めることが出来ました。

そこでこの記事では、私の2022年1月時点の総資産内訳とこれまでの推移やオススメの資産管理アプリについてご紹介します。

今回の記事でわかること
  • 2022年1月時点の総資産内訳とこれまでの推移
  • 資産管理のメリット
  • 私が利用しているオススメの資産管理アプリ「マネーフォワードME」のご紹介

この記事を読むと、「私の総資産の内訳やこれまでの推移」「資産管理のメリットやオススメの資産管理アプリ」が分かり、実際に資産管理を始めることが出来ます。

総資産内訳(2022年1月時点)を公開

2022年1月の総資産の内訳は以下となります。

資産種別2021年12月(金額)2022年1月(金額)前月比
現金9,272,840円8,611,489円-661,351
投資信託3,534,034円3,319,129円214,905
株式1,440,731円1,510,123円+69,392
年金1,273,705円1,188,042円85,663
185,737円196,919円+11,182
保険6,297,073円6,705,458円+408,385
ポイント20,498円20,426円72
合計22,024,618円21,551,586円-473,032

Chart by Visualizer

総資産は21,551,251円で現金/投資信託/株式/年金/金/保険/ポイントを保有しています。

2021年12月と比較すると総資産合計が-473,367円減りました。主に投資信託や年金の下落分の影響が大きいです。

また、学資保険に約40万円支払ったため、その分現金が減り保険が増えています。

かんすけ

現金は約860万円ですが、全資産を含めると約2,150万円になります。

現金

現金の内訳は以下となります。預貯金・ギフトカード・電子マネーがあります。

種別金額
(前月比)
預貯金8,571,927円
ギフトカード6,000円
電子マネー33,562円
合計8,611,489円
(-661,351円)

2022年1月は8,611,489円(前月比:661,351円)と前月を下回りました。貯蓄型保険や投資信託や持株会に700,649円を資金移動したためです。

  • 学資保険:395,128円
  • 投資信託:116,500円
  • 持株会:100,000円
  • 変額個人年金保険、ドル建て終身保険:89,021円

投資信託

つみたてNISA、ジュニアNISA、投資信託を保有しています。毎月の積立額と保有額は以下となります。

つみたてNISAジュニアNISA投資信託
積立額66,000円/月50,000円/月500円/月
種別投資金額
(前月比)
時価評価額
(前月比)
運用損益
(前月比)
つみたてNISA2,648,000円3,226,817円+578,817円
ジュニアNISA100,000円90,942円-9,058円
投資信託1,500円1,370円-130円
合計2,749,500円
(+116,500円)
3,319,129円
(-214,905円)
+569,629円
(-264,779円)

2022年1月は時価評価額が3,319,129円(前月比:-214,905円)、運用損益が+569,629円(前月比:-264,779円)と共に前月を下回りました。

かんすけ

つみたて投資は長期的な視点で続けているため、一時的に下落は気にしていません。

株式

会社の持株会を利用して株式を保有しています。毎月の積立額と保有額は以下となります。

持株会(6月、12月以外)持株会(6月、12月)
積立額20,000円/月100,000円/月
種別投資金額
(前月比)
時価評価額
(前月比)
運用損益
(前月比)
持株会1,000,000円1,510,123円+510,123円
合計1,000,000円
(+69,392円)
1,510,123円
(+69,392円)
+510,123円
(-30,608円)

2022年1月は時価評価額が1,510,123円(前月比:+69,392円)と前月を上回っています。しかし、運用損益は+510,123円(前月比:-30,608円)と前月を下回りました。

かんすけ

持株会も長期的な視点で続けているため、一時的に下落は気にしていません。

年金

会社で企業型確定拠出年金に加入しています。毎月の積立額と保有額は以下となります。

企業型確定拠出年金
積立額4,500円/月
種別投資金額
(前月比)
時価評価額
(前月比)
運用損益
(前月比)
企業型確定拠出年金887,762円1,188,042円+302,530円
合計887,762円
(+4,500円)
1,188,042円
(-85,663円)
+302,530円
(-87,913円)

2022年1月は時価評価額が1,188,042円(-85,663円)と前月を下回っています。運用損益も+302,530円(-87,913円)と前月を下回っています。

かんすけ

企業型確定拠出年金も資産になるため、忘れずに確認することが大切です。

純金積立で金をつみたてています。毎月の積立額と保有額は以下となります。

純金積立
積立額10,250円/月
種別投資金額
(前月比)
時価評価額
(前月比)
運用損益
(前月比)
純金積立194,750円196,919円+2,169円
合計194,750円
(+10,250円)
196,919円
(+11,182円)
+2,169円
(+932円)

2022年1月は時価評価額は196,919円(+11,182円)です。また、運用損益も+2,169円(+932円)と前月を上回っています。

かんすけ

投資信託や株式は運用損益が下落していますが、金は前月を上回っています。

保険

貯蓄型の保険に加入しています。毎月の積立額と保有額は以下となります。

種別積立額
明治安田生命
学資保険
395,128円/年
オリックス生命
終身保険
208,625円/年
ソニー生命
変額個人年金保険
5,270円/月
ソニー生命
変額個人年金保険
14,295円/月
ソニー生命
変額個人年金保険
48,000円/月
ソニー生命
ドル建て終身保険
10,089円/月
(為替により変動あり)
ソニー生命
ドル建て終身保険
11,367円/月
(為替により変動あり)
住友生命
定額個人年金保険
5,000円/月
種別投資金額
(前月比)
解約返戻金
(前月比)
運用損益
(前月比)
明治安田生命
学資保険
2,370,768円2,482,000円+111,232円
オリックス生命
終身保険
1,251,750円859,300円-392,450円
ソニー生命
変額個人年金保険
216,070円233,325円+17,255円
ソニー生命
変額個人年金保険
586,095円600,058円+13,963円
ソニー生命
変額個人年金保険
1,728,000円1,527,519円-200,481円
ソニー生命
ドル建て終身保険
397,763円304,097円-93,666円
ソニー生命
ドル建て終身保険
448,137円347,159円-100,978円
住友生命
定額個人年金保険
385,000円352,000円-33,000円
合計7,383,583円
(+489,149円)
6,705,458円
(+401,108円)
678,125円
(-88,041円)

2022年1月は全体の解約返戻金が6,705,458円(前月比:+401,108円)と前月から増えています。これは年払いの学資保険に395,128円支払ったためです。

また、全体の運用損益が-678,125円(前月比:-88,041円)と前月を下回っています。これはソニー生命 変額個人年金保険の下落分の影響が大きいです。

かんすけ

貯蓄型の保険は早期解約すると解約返戻金が掛金を下回ることが多く、私の保険も運用損益はマイナスとなっています。

『変額個人年金保険の私の実績詳細について知りたい方はこちら』
↓↓↓
「【ブログで実績公開(2022年1月)】ソニー生命 変額個人年金保険を世界株式型で3年5ヵ月運用!」

ポイント

保有しているポイントは以下の通りです。

種別金額(前月比)
楽天ポイント11,200円
Tポイント4,523円
メルカリ残高4,703円
合計20,426円
(▲-72円)
かんすけ

ポイントも資産に入るため、把握しておきましょう。

総資産の推移

2019年1月から2022年1月までの総資産の推移は以下となります。

2019年1月時点では11,250,986円でしたが、2022年1月は21,551,586円と3年間で約1,000万円資産を増やすことが出来ました。

年月金額
2019年1月11,250,986円
2019年2月11,402,638円
2019年3月11,493,577円
2019年4月11,493,197円
2019年5月11,669,795円
2019年6月11,629,806円
2019年7月12,626,641円
2019年8月12,696,770円
2019年9月12,682,269円
2019年10月12,703,698円
2019年11月13,027,963円
2019年12月13,147,772円
2020年1月13,874,073円
2020年2月14,535,044円
2020年3月13,577,286円
2020年4月13,815,266円
2020年5月14,156,885円
2020年6月14,431,224円
2020年7月15,402,200円
2020年8月15,531,419円
2020年9月15,747,354円
2020年10月15,894,615円
2020年11月16,071,490円
2020年12月17,431,812円
2021年1月17,438,084円
2021年2月17,725,339円
2021年3月18,158,654円
2021年4月18,439,334円
2021年5月18,583,062円
2021年6月19,208,507円
2021年7月20,850,543円
2021年8月20,704,826円
2021年9月20,793,118円
2021年10月20,611,269円
2021年11月21,646,489円
2021年12月22,024,618円
2022年1月21,551,586

Chart by Visualizer

資産管理のメリット

実際に私が資産管理を3年間続けてきて感じたメリットは以下です。

  • 安心できる
  • 資産が貯まりやすい
  • ポイントやギフトカードを忘れず使い切ることができる
  • 適切に資産のリバランスができる

安心できる

資産管理を始めてから毎月の総資産の増減を正確に把握できるようになりました。そして、お金に関する不安が少なくなり安心して生活できるようになりました。

しかし、資産管理を始める前は今のままの生活水準を続けてよいのかと不安な気持ちでした。

かんすけ

資産が増えているのか減っているのか分からないと不安になりますよね。

資産が貯まりやすい

資産管理を始めると総資産を減らしたくないという気持ちになり、無駄な出費を控えようという意識が強くなりました。

また、毎月の支出削減にも取り組むようになりました。

  • 固定費を見直し
  • 食費を見直し
  • 旅行等の娯楽費はメリハリをつけて使う
かんすけ

無理をして節約するのではなく、メリハリをつけてお金を使えるようになりました。

『私が実践して年間で約120万円節約した方法はこちら』
↓↓↓
「私が実践して継続出来た節約方法12選【年間で約120万円も節約に!】」

ポイントやギフトカードを忘れず使いきることができる

これまでは有効期限のあるギフトカードやポイントの存在を忘れていたり、有効期限が切れて使えなくなることがありました。

しかし、資産管理を始めてからは無駄にすることなく使い切るようになりました。

かんすけ

有効期限が切れて使えなくなるのは、もったいないです。

適切に資産のリバランスができる

各資産の割合をみて適切にリバランスすることができます。

私の場合は保険が31.1%と比較的高い割合を占めています。将来的には一部解約して保険の割合を減らそうと考えています。

オススメ資産管理アプリ:マネーフォワードME

私は資産管理にマネーフォワードMEを利用しています。マネーフォワードMEを利用すると以下ができるようになります。

  • 銀行口座/証券口座/クレジットカード/ポイント等と自動連携できる
  • 連携したデータで家計簿作成や資産管理が自動でできる

このアプリを利用すると家計簿作成や資産管理が自動化できるため、仕事や子育てで忙しい方にもオススメです。

私の場合は、資産管理の時間が以下の通り約10分/1ヵ月に短縮できました。(※一部連携出できないデータもあります。)

利用前利用後補足
資産管理約1時間/1ヵ月約10分/1ヵ月連携出来ない保険の解約返戻金のみ個別確認


通常版は無料、有料版は500円/月で利用できます。

『私が3年で約1000万円貯めるのに利用したマネーフォワードMEについてはこちら』
↓↓↓

マネーフォワードME(アイキャッチ)
【マネーフォワードME】メリット・デメリットは?|1年利用した感想を完全レビュー2021年4月時点で利用者が約1200万人で家計簿・資産管理アプリ利用率No1の「マネーフォワードME」。 私が利用して感じたメリットデメリットと完全レビューします。...

まとめ:資産を正確に把握してお金が貯まりやすい家計にしましょう

今回は2022年1月の総資産の内訳と推移についてご紹介しました。

総資産額は21,551,586で内訳は以下の通りとなっています。前月と比べて-473,032減りました。

資産種別2021年12月(金額)2022年1月(金額)前月比
現金9,272,840円8,611,489円-661,351
投資信託3,534,034円3,319,129円214,905
株式1,440,731円1,510,123円+69,392
年金1,273,705円1,188,042円85,663
185,737円196,919円+11,182
保険6,297,073円6,705,458円+408,385
ポイント20,498円20,426円72
合計22,024,618円21,551,586円-473,032

また、実際に私が資産管理を3年間続けてきて感じたメリットは以下です。

  • 安心できる
  • 資産が貯まりやすい
  • ポイントやギフトカードを忘れず使い切ることができる
  • 適切に資産のリバランスができる


私はマネーフォワードMEを利用して資産管理をしています。

マネーフォワードMEを利用すると家計簿作成や資産管理が自動化できるため、仕事や子育てで忙しい方にもオススメです。

マネーフォワードMEを利用して効率よく資産管理をしていきましょう!

かんすけ

資産管理のメリットは大きいので、始めてみましょう!

関連記事

オススメ資産管理アプリ

『私が約2200万円の資産を貯めることや、年間約120万円の節約に貢献した家計簿・資産管理アプリはこちら』
↓↓↓

マネーフォワードME(アイキャッチ)
【マネーフォワードME】メリット・デメリットは?|1年利用した感想を完全レビュー2021年4月時点で利用者が約1200万人で家計簿・資産管理アプリ利用率No1の「マネーフォワードME」。 私が利用して感じたメリットデメリットと完全レビューします。...

各資産の運用実績

『私のつみたてNISAの運用実績を知りたい方はこちら』
↓↓↓
「【つみたてNISAの実績公開(2022年1月)】夫婦で毎月6万6千円を積み立てた!(3年5ヵ月目)」
『私のジュニアNISAの運用実績を知りたい方はこちら』
↓↓↓
「【ブログで実績公開(2022年1月)】ジュニアNISAを今から始めるメリットを完全解説!」
『私の純金積立の運用実績を知りたい方はこちら』
↓↓↓
「【純金積立 実績公開(2022年1月)】メリット・デメリットや始め方をブログで完全解説」
『私のソニー生命変額個人年金保険(世界株式型)の運用実績を知りたい方はこちら』
↓↓↓
「【ブログで実績公開(2022年1月)】ソニー生命 変額個人年金保険を世界株式型で3年5ヵ月運用!」

約120万円の節約方法

『私が実践して年間で約120万円節約した方法はこちら』
↓↓↓
「私が実践して継続出来た節約方法12選【年間で約120万円も節約に!】」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA