つみたて投資

【つみたてNISA】ブログで夫婦の運用実績を公開|積立額は満額の年間80万円(4年目・2022年8月)

【アイキャッチ】つみたてNISA運用実績(2022年8月)

こんにちは、かんすけ(@kansukesite)です。

相談者

つみたてNISAを始めたいけど本当に儲かるのか不安で。

かんすけ

私が4年つみたてNISAを継続してきた運用実績を紹介するね!

  • つみたてNISAをしている方の運用実績を知りたい
  • つみたてNISAは本当に儲かるのか
  • つみたてNISAで損しないか心配

つみたてNISAは運用利益が20年間非課税となる制度ですが、「投資で損するのは怖い」と始められない方も多いです。

私は夫婦で毎月66,000円を4年つみたて続け、2022年8月27日時点で損益が+830,233円(過去最高は+924,409円)です。

しかし、途中で運用損益が最大-194,340円となる時期も経験しました。

そこでこの記事では、2022年8月のつみたてNISAの運用実績と4年間の運用実績の推移をご紹介します。

今回の記事でわかること
  • 2022年8月のつみたてNISAの運用実績とこれまでの推移
  • つみたてNISAのメリット・デメリット
  • 夫婦でつみたてNISAをするメリット
  • つみたてNISAの心構えや始め方
  • 大手ネット証券会社の特徴

この記事を読むと、つみたてNISAについて「2022年8月の運用実績とこれまでの推移」「メリット・デメリットやオススメの証券会社」がわかり、実際に始めることができます。

つみたてNISAの運用実績をブログで公開(2022年8月)

つみたてNISAの運用実績を公開(2022年8月)

私の運用実績(4年目)

2018年9月から毎月33,000円ずつ積み立ててきました。(※年間40万円の枠をフルで使用するために2021年12月のみ積立額は37,000円)

2022年8月27日の時価評価額は1,993,865です。運用損益は+405,865(前月比:+40,963)と前月を上回りました。

開始月2018年9月
積立期間4年
積立額33,000円/月
年月投資金額時価評価額運用損益
(前月比)
2022年8月1,588,000円1,993,865円+405,865円
(+40,963円)
つみたてNISA実績(私_2022/08)

妻の運用実績(3年10カ月目)

2018年11月から毎月33,000円ずつ積み立ててきました。(※年間40万円の枠をフルで使用するために2021年12月のみ積立額は37,000円)

2022年8月27日時点の時価評価額は1,946,368円です。運用損益は+424,368(前月比:+76,597)と前月を上回りました。

開始月2018年11月
積立期間3年10ヵ月
積立額33,000円/月
年月投資金額時価評価額運用損益
(前月比)
2022年8月1,522,000円1,946,368+424,368円
(+76,597円)
つみたてNISA実績(妻_2022/08)

夫婦2人分の運用実績

2022年8月27日時点で2人分合計すると時価評価額は3,940,233です。運用損益は+830,233(前月比:+117,560)と前月を上回りました。

年月投資金額時価評価額運用損益
(前月比)
2022年8月3,110,000円3,940,233+830,233円
(+117,560円)
かんすけ

最近は米国の金利上昇や景気後退懸念などで変動が大きいですが、2022年7月と比べると上昇しました。

各ファンド毎の運用実績をブログで公開(2022年8月)

つみたてNISA ファンド毎の運用実績(2022年8月)

2022年8月27日時点の各ファンドの運用実績です。

投資先が米国の「フィデリティ・米国優良株・ファンド」「iFree S&P500インデックス」の運用損益が大きいです。

ファンド投資金額時価評価額運用損益
(前月比)
フィデリティ・米国優良株・ファンド(私)532,000円806,728円+274,728円
(+38,576円)
フィデリティ・欧州株・ファンド(私)528,000円620,207円+92,207円
(-9,111円)
ひふみプラス(私)528,000円566,930円+38,930円
(+11,498円)
iFree S&P500インデックス(妻)510,000円786,244円+276,244円
(+36,099円)
ひふみプラス(妻)506,000円542,089円+36,089円
(+10,988円)
iFree 新興国株式インデックス(妻)506,000円618,035円+112,035円
(+29,510円)
合計3,110,000円3,940,233+830,233円
(+117,560円)

Chart by Visualizer

次に全ファンドを合わせた投資先国別の割合です。

投資先国割合
米国40.4%
日本28.2%
欧州15.7%
新興国15.7%
合計100%

Chart by Visualizer
かんすけ

投資先は米国の割合が約40.4%と一番大きいです。

私の運用実績(4年目)

2022年8月27日時点の私のファンド別運用実績です。

【つみたてNISA専用】フィデリティ・米国優良株・ファンド(分配金再投資コース)

投資先は米国の株式中心です。長期的に米国の代表的な株価指数であるS&P 500を上回る運用成績を目指す、アクティブファンドです。

2022年8月27日の時価評価額は806,728です。運用損益は+274,728(前月比:+38,576)と前月を上回りました。

開始月2018年9月
積立期間4年
積立額11,000円/月
ファンド種別アクティブファンド
管理費用1.639%
投資先米国中心
年月投資金額時価評価額運用損益
(前月比)
2022年8月532,000円806,728+274,728円
(+38,576円)

また、2020年2月に運用損益が過去最低の32,789でした。過去最高は今月2022年8月の274,728です。

投資金額時価評価額運用損益
2020年2月198,000165,211-32,789
(過去最低)
2022年8月532,000806,728円274,728円
(過去最高)

Chart by Visualizer

【つみたてNISA専用】フィデリティ・欧州株・ファンド(分配金再投資コース)

投資先は英国および欧州の株式中心です。長期的に欧州株式の代表的な株価指数であるMSCI ヨーロッパ・インデックスを上回る運用成績を目指す、アクティブファンドです。

2022年8月27日の時価評価額は620,207です。運用損益は+92,207(前月比:-9,111)と前月を下回りました。

開始月2018年9月
積立期間4年
積立額11,000円/月
ファンド種別アクティブファンド
管理費用1.65%
投資先欧州中心
年月投資金額時価評価額運用損益
(前月比)
2022年8月528,000円620,207円+92,207円
(-9,111円)

また、2020年2月に運用損益が過去最低の-23,307でした。過去最高は2021年10月の149,006です。

投資金額時価評価額運用損益
2020年2月198,000174,693-23,307
(過去最低)
2021年10月418,000567,006149,006円
(過去最高)

Chart by Visualizer

【つみたてNISA専用】ひふみプラス (分配金再投資コース)

投資先は日本中心に国内外の株式です。市場価値が割安と考えられる銘柄を選別して長期に投資するアクティブファンドです。ベンチマークする指数はありません。

2022年8月27日の時価評価額は566,930です。運用損益は+38,930(前月比:+11,498)と前月を上回りました。

開始月2018年9月
積立期間4年
積立額11,000円/月
ファンド種別アクティブファンド
管理費用0.858~1.078%
投資先日本中心
年月投資金額時価評価額運用損益
(前月比)
2022年8月528,000円566,930円+38,930円
(+11,498円)

また、2020年2月に運用損益が過去最低の-34,671でした。過去最高は2021年10月の122,619です。

投資金額時価評価額運用損益
2020年2月198,000163,329-34,671
(過去最低)
2021年10月418,000540,619122,619円
(過去最高)

Chart by Visualizer

2022年7月と比べ「【つみたてNISA専用】フィデリティ・欧州株・ファンド(分配金再投資コース)」のみ下落しました。その他のファンドは上昇しました。

米国へ投資している「【つみたてNISA専用】フィデリティ・米国優良株・ファンド(分配金再投資コース)」の運用損益が+274,728と一番高いです。

一方でひふみプラスは投資先が日本中心ですが運用損益が+38,930と少ないです。アクティブファンドで手数料も比較的高めのため今後の推移を注視しています。

かんすけ

投資先として米国が強いことが分かります。

妻の運用実績(3年10カ月目)

2022年8月27日時点の妻のファンド別運用実績です。

【つみたてNISA専用】iFree S&P500インデックス(分配金再投資コース)

投資先は米国の株式です。米国の代表的な株価指数であるS&P 500に連動した運用成績を目指すインデックスファンドです。

2022年8月27日の時価評価額は786,244です。運用損益は+276,244(前月比:+36,099)と前月を上回りました。

開始月2018年11月
積立期間3年10ヵ月
積立額11,000円/月
ファンド種別インデックスファンド
管理費用0.2475%
投資先米国
年月投資金額時価評価額運用損益
(前月比)
2022年8月510,000円786,244+276,244円
(+36,099円)

また、2020年2月に運用損益が過去最低の31,184でした。過去最高は今月2022年8月の276,244です。

投資金額時価評価額運用損益
2020年2月176,000144,816-31,184
(過去最低)
2022年8月510,000円786,244円276,244
(過去最高)

Chart by Visualizer

【つみたてNISA専用】ひふみプラス (分配金再投資コース)

投資先は日本中心に国内外の株式です。市場価値が割安と考えられる銘柄を選別して長期に投資するアクティブファンドです。ベンチマークする指数はありません。

2022年8月27日の時価評価額は542,089です。運用損益は+36,089(前月比:+10,988)と前月を上回りました。

開始月2018年11月
積立期間3年10ヵ月
積立額11,000円/月
ファンド種別アクティブファンド
管理費用0.858~1.078%
投資先日本中心
年月投資金額時価評価額運用損益
(前月比)
2022年8月506,000円542,089+36,089円
(+10,988円)

また、2020年2月に運用損益が過去最低の-29,618でした。過去最高は2021年10月の115,320です。

投資金額時価評価額運用損益
2020年2月176,000146,382-29,618
(過去最低)
2021年10月396,000511,320115,320円
(過去最高)

Chart by Visualizer

【つみたてNISA専用】iFree 新興国株式インデックス(分配金再投資コース)

投資先は新興国の株式です。新興国の株価指数であるFTSE RAFI エマージング インデックスに連動した運用成績を目指すインデックスファンドです。

2022年8月27日の時価評価額は618,035です。運用損益は+112,035(前月比:+29,510円)と前月を上回りました。

開始月2018年11月
積立期間3年10ヵ月
積立額11,000円/月
ファンド種別インデックスファンド
管理費用0.374%
投資先新興国
年月投資金額時価評価額運用損益
(前月比)
2022年8月506,000円618,035円+112,035円
(+29,510円)

また、2020年3月に運用損益が過去最低の-44,464でした。過去最高は今月2022年8月の112,035です。

投資金額時価評価額運用損益
2020年3月187,000142,536-44,464
(過去最低)
2022年8月506,000円618,035円112,035円
(過去最高)

Chart by Visualizer

2022年7月と比べ全てのファンドで上昇しました。

また、妻の分も米国へ投資している「【つみたてNISA専用】iFree S&P500インデックス(分配金再投資コース)」の運用損益が+276,244と一番高いです。

一方でひふみプラスは投資先が日本中心ですが運用損益が+36,089円と少ないです。アクティブファンドで手数料も比較的高めのため今後の推移を注視しています。

かんすけ

妻の分を見ても投資先として米国が強いことが分かります。

つみたてNISA 運用実績の推移(2018年9月~2022年8月)

つみたてNISA 運用実績推移(2018年9月~2022年8月)

2018年9月から2022年8月までの私と妻分を合わせた運用実績の推移をご紹介します。

2022年8月の運用実績と、運用損益が過去最低・過去最高となった月は以下の通りです。

年月投資金額時価評価額運用損益
2020年2月1,122,000927,660-194,340
(過去最低)
2021年10月2,442,0003,366,409924,409円
(過去最高)
2022年8月3,110,0003,940,233+830,233円
(最新)

次につみたてNISAを始めてから4年間の推移となります。

年月投資金額時価評価額運用損益
2018年9月33,000円33,239円+239円
2018年10月66,000円64,675円-1,325円
2018年11月132,000円119,853円-12,147円
2018年12月198,000円179,269円-18,731円
2019年1月264,000円261,188円-2,812円
2019年2月330,000円342,687円+12,687円
2019年3月396,000円409,574円+13,574円
2019年4月462,000円491,888円+29,888円
2019年5月528,000円528,268円+268円
2019年6月594,000円627,778円+33,778円
2019年7月660,000円692,150円+32,150円
2019年8月726,000円722,104円-3,896円
2019年9月792,000円791,416円-584円
2019年10月858,000円908,974円+50,974円
2019年11月924,000円1,005,111円+81,111円
2019年12月990,000円1,103,432円+113,432円
2020年1月1,056,000円1,194,576円+138,576円
2020年2月1,122,000円927,660円-194,340
(過去最低)
2020年3月1,188,000円1,037,457円-150,543円
2020年4月1,254,000円1,229,851円-24,149円
2020年5月1,320,000円1,435,054円+115,054円
2020年6月1,386,000円1,501,519円+115,519円
2020年7月1,452,000円1,613,169円+161,169円
2020年8月1,518,000円1,723,799円+205,799円
2020年9月1,584,000円1,814,264円+230,264円
2020年10月1,650,000円1,927,385円+277,385円
2020年11月1,716,000円2,127,983円+411,983円
2020年12月1,782,000円2,203,361円+421,361円
2021年1月1,848,000円2,319,465円471,465円
2021年2月1,914,000円2,445,278円531,278円
2021年3月1,980,000円2,591,076円611,076円
2021年4月2,046,000円2,663,018円617,018円
2021年5月2,112,000円2,753,223円641,223円
2021年6月2,178,000円2,913,949円735,949円
2021年7月2,244,000円2,932,751円688,751円
2021年8月2,310,000円3,123,269円813,269円
2021年9月2,376,000円3,075,866円699,866円
2021年10月2,442,000円3,366,409円924,409円
(過去最高)
2021年11月2,516,000円3,344,352円828,352円
2021年12月2,582,0003,414,841+832,841
2022年1月2,648,0003,226,817+578,817
2022年2月2,714,000円3,236,709円+522,709円
2022年3月2,780,000円3,554,440円+774,440円
2022年4月2,846,000円3,541,397円+695,397円
2022年5月2,912,000円3,478,786円+566,786円
2022年6月2,978,000円3,629,403円+651,403円
2022年7月3,044,000円3,756,673円+712,673円
2022年8月3,110,000円3,940,233円+830,233円
(最新)

Chart by Visualizer

2022年8月27日時点で運用損益が+830,233です。2022年7月と比べると約11万円増えました。

また、2020年2月に運用損益が過去最低の-194,340となる時期もありました。過去最高は2021年10月の924,409円となり、時期によって変動幅があります。

かんすけ

時価評価額が下がると不安になって売ってしまう人がいますが、気にせずつみたて続けましょう!

つみたてNISAのメリット

つみたてNISAのメリット

つみたてNISAのメリットは以下です。

  • 投資額は年間40万円まで、最大20年間非課税で運用できる
  • 高い時は少なく、安い時は多く買えるためでリスク分散になる
  • 対象商品は金融庁が認めた商品のみで安心
  • 一度積立設定すると自動で積立してくれる

つみたてNISAの最大のメリットは、年間40万円まで20年間非課税で運用できることです。

通常は利益に対して金融所得課税20.315%が差し引かれます。

かんすけ

利益が500万円あれば約100万円が税金で引かれることになります。

金融庁が認めた商品のみが対象で、ぼったくり投資信託はないため初心者でも安心です。

つみたてNISAのデメリット

つみたてNISAのデメリット

つみたてNISAのデメリットは以下です。

  • 対象商品が限定されている
  • 損すれば税優遇は受けれない
  • 非課税投資枠は翌年まで持ち越せない

対象商品は、金融庁が認めた投資信託やETF(上場投資信託)のみで、個別株式やREIT(不動産投資信託)は対象外です。

かんすけ

逆に初心者にとっては安心とも言えます。

対象は投資信託やETFなので100%利益が出る保障はありません。損すればそもそも税金はかからないため、税優遇を受けることはできません。

なお、年間40万円の非課税枠は翌年まで持ち越せません。例えば利用額が年間30万円でも残りの10万円は翌年に持ち越せないため注意が必要です。

夫婦でつみたてNISAをするメリット

夫婦でつみたてNISAをするメリット

つみたてNISAの非課税枠の上限は年間40万円(毎月33,333円)です。しかし、夫婦で利用すると倍の年間80万円(毎月66,666円)まで非課税で運用できます。

かんすけ

私は妻が専業主婦ですが、私の収入から妻分のつみたてNISAを積立てています。

以下の積立条件で夫婦でつみたてNISAを利用した場合としなかった場合を比較します。

毎月の積立額積立期間年利回り
積立条件66,666円20年5%

まずは夫婦でつみたてNISAを利用した場合です。全額非課税で運用できるため運用損益の11,402,131円に税金がかかりません。

投資金額時価評価額運用損益税金
15,999,840円27,401,97111,402,131(非課税)0円

次に私のつみたてNISA枠しか利用しない場合です。運用損益の半分の5,701,065円から金融所得課税20.315%の1,158,171円が引かれます。

投資金額時価評価額運用損益税金
7,999,920円13,700,985円5,701,065円(非課税)0円
7,999,920円13,700,985円5,701,065円(課税)1,158,171円
かんすけ

100万円以上税金が引かれるため、夫婦でつみたてNISAを利用するメリットが大きいことが分かります。

つみたてNISAの心構え:下落時でもつみたてを辞めずに続けることが大切です!

つみたてNISAの時価評価額は日々変動します。私も4年間で-194,340円から924,409まで変動しました。

短期的な評価額の変動に浮き沈みせず、長期的な視点でつみたて続けることが大切です。

特に下落した場合は安く購入できます。

かんすけ

始める前に知っておくことで、下落時に落ち着いてつみたて続けることが出来ます。

つみたてNISAの始め方

つみたてNISAは以下の流れで始めることができます。

  1. 金融機関(銀行・証券会社等)を決める
  2. つみたてNISA口座を開設する
  3. 金融機関の口座に入金する
  4. つみたてる商品・積立額を設定する
  5. つみたて開始

イオン銀行でつみたてNISAを実施

イオン銀行で私と妻の2人分つみたてNISAをしています。イオン銀行のメリットは以下です。

  • 365日店舗で相談ができる
  • 「イオン銀行Myステージ」のスコアが貯まり普通預金の金利が上がる

365日店舗で相談ができる

一般の銀行窓口は平日の9時から15時までです。しかし、イオン銀行では土曜、日曜、祝日、年末年始やゴールデンウィークを含めて365日店舗で無料相談に乗ってもらうことが出来ます。

かんすけ

平日仕事が忙しい方にはありがたいサービスです。

「イオン銀行Myステージ」のスコアが貯まり普通預金の金利が上がる

イオン銀行では様々な取引に応じてイオン銀行スコアが貯まります。スコアに応じ普通預金金利が上がる等の特典があります。

150点以上貯めればプラチナ会員となり、普通預金金利が年0.1%(税引後年0.079%)です。例えば以下で160点となりプラチナ会員になれます。

  • 投資信託の残高がある(1円~100万円未満):10点
  • 投信自動積立の口座振替をしている:30点
  • つみたてNISA口座開設:30点
  • インターネットバンキング:30点
  • イオンゴールドカードセレクトを持っている:30点
  • 給与の受取りがある:30点
かんすけ

私もプラチナ会員で普通預金金利が年0.1%です。預金金利が低いこの時代に0.1%は大きいです。

窓口相談が不要の場合は大手ネット証券会社がオススメ

ネット証券会社でつみたてNISAを始めるメリットは以下です。

  • ネットで全ての手続きができる
  • つみたてNISAの取り扱い商品が多い

逆に店舗で相談ができないため、自分で商品選定をする必要があります。また、暴落時に不安になった場合でも、自分で今後の方針を判断する必要があります。

主要ネット証券会社は、SBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券です。

証券会社SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券
購入手数料0円0円0円0円
つみたてNISA 銘柄数178本
(2022/3/23時点)
180本
(2022/3/23時点)
152本
(2022/3/23時点)
173本
(2022/3/23時点)
最低積立金額100円100円100円100円
積立頻度毎日、毎週、毎月毎日、毎月毎日、毎月毎月
クレジットカード払い三井住友カード
還元率:0.5%、1%、2%
※カード種別により異なる
楽天カード
還元率:1%、0.2%
※ファンドの手数料により異なる
マネックスカード
還元率:1.1%
未対応
ポイントサービスTポイント、Pontaポイント、dポイント楽天ポイントマネックスポイント松井証券ポイント/
現金
公式ページ口座開設はこちら口座開設はこちら口座開設はこちら口座開設はこちら

『つみたてNISAのネット証券会社の選び方を詳しく知りたい方はこちら』
↓↓↓

【アイキャッチ】つみたてNISA おすすめネット証券会社5社を徹底比較
【つみたてNISA】おすすめネット証券会社口座5社を徹底比較|選び方を完全解説この記事では主要ネット証券会社5社のつみたてNISA口座の特徴を徹底比較します。 この記事を読めば、主要ネット証券会社5社のつみたてNISAの特徴が全てわかり、自分にあった金融機関を選ぶことができます。...

つみたてNISAの夫婦の運用実績のまとめ

つみたてNISA 運用実績まとめ

今回は2022年8月のつみたてNISAの運用実績とこれまでの推移をご紹介しました。

2022年8月27日時点で私と妻の2人分合計すると時価評価額は3,940,233です。運用損益は+830,233(前月比:+117,560)と前月を上回りました。

年月投資金額時価評価額運用損益
(前月比)
2022年8月3,110,000円3,940,233+830,233円
(+117,560円)

また、4年間で運用損益が-194,340から924,409円の変動幅がありました。

年月投資金額時価評価額運用損益
2020年2月1,122,000927,660-194,340
(過去最低)
2021年10月2,442,0003,366,409924,409円
(過去最高)
2022年8月3,110,0003,940,233+830,233円
(最新)

短期的な評価額の変動に浮き沈みせず、長期的な視点でつみたて続けることが大切です。

窓口相談が不要の場合は大手ネット証券会社がオススメです。ネット証券会社のメリットは以下となります。

  • ネットで全ての手続きができる
  • つみたてNISAの取り扱い商品が多い

逆に店舗で相談ができないため、自分で商品選定をする必要があります。また、暴落時に不安になった場合でも、自分で今後の方針を判断する必要があります。

かんすけ

つみたてNISAの特徴を把握した上で、長期的な視点で始めてみましょう!

これからつみたてNISAを始める場合は証券口座の開設が必要です。おすすめの「ネット証券口座」については以下記事で解説しています。

【アイキャッチ】つみたてNISA おすすめネット証券会社5社を徹底比較
【つみたてNISA】おすすめネット証券会社口座5社を徹底比較|選び方を完全解説この記事では主要ネット証券会社5社のつみたてNISA口座の特徴を徹底比較します。 この記事を読めば、主要ネット証券会社5社のつみたてNISAの特徴が全てわかり、自分にあった金融機関を選ぶことができます。...

また、私は1馬力35歳で2000万円の資産を貯めることができました。その「ロードマップ」や「利用したアイテムやサービス23個」については以下で解説しています。

2000万円までのロードマップ
【35歳で達成】一馬力で貯金2000万円を貯めたロードマップ~私が実践したこと私は1馬力で働きながら家計管理や資産管理も全て1人でやり、35歳で2,000万円の資産を貯めることが出来ました。 この記事では、私が約2,000万円を貯めるまでのロードマップを完全公開します。...
【35歳一馬力で達成】2000万円貯金に利用したおすすめのアイテムやサービス23選この記事では、私が35歳一馬力で2,000万円貯めるのに利用してきたおすすめのアイテムやサービスを厳選して23個紹介します。 この記事を読めば、2,000万円貯蓄するのにおすすめのアイテムやサービスが分かり、失敗することなく迷わず選ぶことができます。...

つみたてNISA以外の「全資産運用の実績」については以下記事に纏めています。

【アイキャッチ】資産運用の実績公開(2022年8月)
【運用額1000万円以上】資産運用の実績をブログで公開|毎月約23万円を積立投資【2022年8月】私は、4年前から本格的に積立投資を始めました。現在は毎月約23万円を積立てており、2022年8月時点で合わせて約218万円の含み益があります。 この記事では、2022年8月の積立投資の運用実績とこれまでの推移をご紹介します。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA